人気作家になる方法

売れる著者になるには?という方のために本の売り方を説明します。

売れる著者になるには

ベストセラー作家を目指すためには著者プロフィールで自分の個性を引き出そう

投稿日:

自らの努力で出版を実現するためには、キャラクターかコンテンツで売り込む方法があります。

キャラクターで売り込むのであれば、自分をいかにブランド化された価値ある人間かをアピールしなければなりませんし、コンテンツで売り込むのであれば、著者としてその企画を書くに値する人間であることをアピールしなくてはなりません。

 

どちらにしても、著者プロフィールは必要になります。

 

そして、著者プロフィールでアピールしなければならないことは、著者がその企画を出版する必然性、その原稿を書く資格です。

著者プロフィールは出版企画書では必須項目といえるぐらい重要な項目ですから魅力的なプロフィールになるように事前に整理しておくことは、決して無駄にはなりません。

 

まずは今までの自分を棚卸してみましょう。

その上で『得意なフィールド』『一貫性のあるスタンス』『魅力的なキャラクター』が固め、そこに価値を見出すことができれば、自然と話題になり、勝手に露出が増えいくことでしょう。

 

出版を目指すのであれば、そのまま書籍化することは難しいとはいえ、ブログは用意しておいた方がよいと思いますし、出版社の方と会った時に挨拶するための名刺を用意しておいた方がよいでしょう。

整理したプロフィールはこういうところでも役立つはずです。

Ad

Ad

-売れる著者になるには

執筆者:

関連記事

ベストセラー作家としての信頼度を上げる取材の受け方

書籍を出版したり、適切にブログなどを運営していると、取材の申し込みが来るようになります。 申し込みが無くても、こちらから仕掛けることで、取材をしてもらうことは可能です。   取材を受けると、 …

ベストセラー作家になるにはキャラに合ったメディア戦略

出版企画書を出版社の編集者に見てもらったら、必ず、その編集者であなたの名前をネットで検索します。 その時に、あなたがどんな媒体を運営し、どんなメディアで紹介されているのかとうのは凄く重要です。 &nb …

ベストセラー作家としてキャラクターに合った読者ターゲット選び

キャラクターは、あくまでも過去の自分が積み上げてきたコトでしか作り上げていくことはできません。 なので、ターゲットを選んでも、そこに受け入れられるキャラクターに意図してなることは至難の業です。 できた …

出版を目指すならベストセラー作家としての立ち居地を決めてキャラを立てる

ブランド化するウリが決まったら、そのウリを際立たせるための立ち居地を決めます。 立ち居地には、“頂点”と“中心”の2種類あります。   頂点は何かを基軸に比較して、『トップ』『No.1』であ …

ベストセラー作家としてのキャラを引き立たせるエピソード

著者プロフィールはデータばかりの無機質なものでは面白みがありません。   もし、出版企画書であれば、その企画書の内容に関するエピソードを一つ、二つ入れたほうがよいでしょう。 そのエピソードは …