人気作家になる方法

売れる著者になるには?という方のために本の売り方を説明します。

売れる著者になるには

ベストセラー作家になるにはキャラに合ったメディア戦略

投稿日:

出版企画書を出版社の編集者に見てもらったら、必ず、その編集者であなたの名前をネットで検索します。

その時に、あなたがどんな媒体を運営し、どんなメディアで紹介されているのかとうのは凄く重要です。

 

なので、名前で検索されることは分かっているのですから、事前に信用度が上がるようなプロモーションを仕掛けておきましょう。

 

とりあえず、最低限、フェイスブックのようなSNSやブログ、メルマガぐらいは自分の媒体として運営するようにしてください。

ただし、ブログとメルマガが同じ内容の方がいらっしゃいますが、それはオススメしません。

 

あと、SNSやブログでは、プロフィール欄があると思いますので、しっかりと書いてください。

写真もできるだけ掲載した方が良いと思います。

掲載する写真は、しっかりとカメラマンに撮影してもらいましょう。

証明写真のような写真ではなく、自分キャラが表現できるような写真を撮ってもらいましょう。

 

日々の記事では、冒頭でプライベートな話しをして人間性を見せた上で、読者に「ん?」と思わせるような問題定義を行い、自分が語ることに価値がある回答を書き続けると、自然と全体のコンテンツの価値が上がります。

そのためには、厳しいことも書く必要もありますし、キャラに合った文体で書く必要もあるでしょう。

メルマガの場合は、記事で“新しさ”や“凄さ”を演出して、記事のニュース性を高めることで、精読率を高めることができます。

同じく、キャラに合った文体で書いてください。

 

あとは、いつでも情報が集まるポジションを築くと情報収集が楽になります。

それを簡単にやるためには、フェイスブックのグループやアメーバのグルっぽなどを利用すると良いでしょう。

Ad

Ad

-売れる著者になるには
-

執筆者:

関連記事

ベストセラー作家としてキャラクターに合った読者ターゲット選び

キャラクターは、あくまでも過去の自分が積み上げてきたコトでしか作り上げていくことはできません。 なので、ターゲットを選んでも、そこに受け入れられるキャラクターに意図してなることは至難の業です。 できた …

ベストセラー作家としてのキャラを引き立たせるエピソード

著者プロフィールはデータばかりの無機質なものでは面白みがありません。   もし、出版企画書であれば、その企画書の内容に関するエピソードを一つ、二つ入れたほうがよいでしょう。 そのエピソードは …

ベストセラー作家を目指すためには著者プロフィールで自分の個性を引き出そう

自らの努力で出版を実現するためには、キャラクターかコンテンツで売り込む方法があります。 キャラクターで売り込むのであれば、自分をいかにブランド化された価値ある人間かをアピールしなければなりませんし、コ …

ベストセラー作家になるためにキャラを引き立てるプロフィールの書き方

出版企画書の必須項目に著者プロフィールがあります。   著者プロフィールは、あくまでも著者のプロフィールであって、著者の履歴書ではありません。 その企画書の内容を書く著者として、ふさわしい人 …

出版を目指すならベストセラー作家としての立ち居地を決めてキャラを立てる

ブランド化するウリが決まったら、そのウリを際立たせるための立ち居地を決めます。 立ち居地には、“頂点”と“中心”の2種類あります。   頂点は何かを基軸に比較して、『トップ』『No.1』であ …