人気作家になる方法

売れる著者になるには?という方のために本の売り方を説明します。

売れる著者になるには

ベストセラー作家としての信頼度を上げる取材の受け方

投稿日:

書籍を出版したり、適切にブログなどを運営していると、取材の申し込みが来るようになります。

申し込みが無くても、こちらから仕掛けることで、取材をしてもらうことは可能です。

 

取材を受けると、さらに信用度が上がり、さらに優位なポジションを築くことができます。

だからといって、メディアに迎合する必要はありませんが、メディアへの配慮は心がけてください。

 

では、取材を受けたいと思ったら、まず取材元をチェックします。

 

最初に取材されたい媒体の特性を把握します(テレビならトーク、雑誌ならビジュアルなど)。

媒体によって求められるスキルが違いますので、自分のスキルが最大限に発揮される媒体を選んでください。

 

そして、次にスポンサーを把握します(スポンサーとの親和性)。

どこで何がつながるか分からないので、日常的に何かを批判するようなことはしないようにしましょう。

 

取材されたい取材元が決まったら、そのメディアにニュースリリースを発信します。

メディアはギャップに反応するので、発信するニュースリリースなどにギャップを織り込むことが重要です。

 

実際に取材を受ける場合、そのメディアの読者ターゲットなどを意識して、最適な情報を提供してください。

結果的に部数や視聴率などの数字に貢献できると、何度も取材してもらえるようになります。

 

最後に、もし、自分のキャラに合わない取材依頼があった場合は絶対に受けないでください。

そういう望ましくない取材は、せっかく築いたブランドが壊れますし、ターゲットに見放される可能性が高いです。

自分が対応できない場合には、最適な人を紹介するなどして、メディアとの関わりは断たずに、メディアにとって便利なキーマンと認知してもらうようにしてください。

Ad

Ad

-売れる著者になるには
-

執筆者:

関連記事

ベストセラー作家としてキャラクターに合った読者ターゲット選び

キャラクターは、あくまでも過去の自分が積み上げてきたコトでしか作り上げていくことはできません。 なので、ターゲットを選んでも、そこに受け入れられるキャラクターに意図してなることは至難の業です。 できた …

ベストセラー作家になるためにキャラを引き立てるプロフィールの書き方

出版企画書の必須項目に著者プロフィールがあります。   著者プロフィールは、あくまでも著者のプロフィールであって、著者の履歴書ではありません。 その企画書の内容を書く著者として、ふさわしい人 …

ベストセラー作家を目指すなら、キャラを引き立てるキャッチコピーを持っておこう

キャラクターが決まったら、そのキャラクターを一文で定義してみてください。 難しいようだったら、次の項目を参考にしてみましょう。 他人からの評価 客観的に評価できる価値 相手に与えられるメリット ここで …

ベストセラー作家として自分の“強み”と自分“らしさ”でブランド化する

プロフィールを作る場合、まずは自他共に認めるウリを決めます。 そして、出版企画書のネタがこのウリと関連性が高ければ高いほど企画は通りやすくなるのです。 ウリは、どんなに部分的でも構わないので、『○○と …

出版を目指すならベストセラー作家としての立ち居地を決めてキャラを立てる

ブランド化するウリが決まったら、そのウリを際立たせるための立ち居地を決めます。 立ち居地には、“頂点”と“中心”の2種類あります。   頂点は何かを基軸に比較して、『トップ』『No.1』であ …