人気作家になる方法

売れる著者になるには?という方のために本の売り方を説明します。

売れる著者になるには

出版を目指すならベストセラー作家としての立ち居地を決めてキャラを立てる

投稿日:

ブランド化するウリが決まったら、そのウリを際立たせるための立ち居地を決めます。

立ち居地には、“頂点”と“中心”の2種類あります。

 

頂点は何かを基軸に比較して、『トップ』『No.1』であることです。

自分の実績を一番ダイレクトに活かせる立ち居地と言えます。

 

中心は何処かの括りで中心にいることです。

 

コンサルタントやプロデューサーのような何かを教える職種の方に向いている立ち居地と言えます。

ウリと立ち居地が決まったら、今度はキャラを立てていきます。

 

キャラを立てるためには、そのウリと立ち居地が効果的になるような言動とファッションなどを含めたビジュアルを徹底します。

ここが徹底できないと、一貫性が無くなってしまい、説得力が薄らぎます。

 

その上で、自分の役割や社会的使命を確立できたら完璧です。

 

立ち居地は、書籍のタイトルや文体にも反映します。

キャラは編集者との打ち合わせからすぐに徹底してください。

 

結果的にそれで企画が通らなかったとしても、それは自分が出すべき本ではないと思えるぐらい徹底しなければなりません。

それだけに、あまり見栄を張ったり、無理をせず、素の自分をどう演出するかぐらいに考えましょう。

 

過剰な演出は、長続きしませんし、実際に会ってしまえばすぐにばれてしまい、相手にマイナスのギャップを印象付けてしまうことになるでしょう。

Ad

Ad

-売れる著者になるには
-

執筆者:

関連記事

ベストセラー作家としてキャラクターに合った読者ターゲット選び

キャラクターは、あくまでも過去の自分が積み上げてきたコトでしか作り上げていくことはできません。 なので、ターゲットを選んでも、そこに受け入れられるキャラクターに意図してなることは至難の業です。 できた …

ベストセラー作家として自分の“強み”と自分“らしさ”でブランド化する

プロフィールを作る場合、まずは自他共に認めるウリを決めます。 そして、出版企画書のネタがこのウリと関連性が高ければ高いほど企画は通りやすくなるのです。 ウリは、どんなに部分的でも構わないので、『○○と …

ベストセラー作家になるためにキャラを引き立てるプロフィールの書き方

出版企画書の必須項目に著者プロフィールがあります。   著者プロフィールは、あくまでも著者のプロフィールであって、著者の履歴書ではありません。 その企画書の内容を書く著者として、ふさわしい人 …

ベストセラー作家になるにはキャラに合ったメディア戦略

出版企画書を出版社の編集者に見てもらったら、必ず、その編集者であなたの名前をネットで検索します。 その時に、あなたがどんな媒体を運営し、どんなメディアで紹介されているのかとうのは凄く重要です。 &nb …

ベストセラー作家を目指すためには著者プロフィールで自分の個性を引き出そう

自らの努力で出版を実現するためには、キャラクターかコンテンツで売り込む方法があります。 キャラクターで売り込むのであれば、自分をいかにブランド化された価値ある人間かをアピールしなければなりませんし、コ …