人気作家になる方法

売れる著者になるには?という方のために本の売り方を説明します。

売れる著者になるには

出版を目指すならベストセラー作家としての立ち居地を決めてキャラを立てる

投稿日:

ブランド化するウリが決まったら、そのウリを際立たせるための立ち居地を決めます。

立ち居地には、“頂点”と“中心”の2種類あります。

 

頂点は何かを基軸に比較して、『トップ』『No.1』であることです。

自分の実績を一番ダイレクトに活かせる立ち居地と言えます。

 

中心は何処かの括りで中心にいることです。

 

コンサルタントやプロデューサーのような何かを教える職種の方に向いている立ち居地と言えます。

ウリと立ち居地が決まったら、今度はキャラを立てていきます。

 

キャラを立てるためには、そのウリと立ち居地が効果的になるような言動とファッションなどを含めたビジュアルを徹底します。

ここが徹底できないと、一貫性が無くなってしまい、説得力が薄らぎます。

 

その上で、自分の役割や社会的使命を確立できたら完璧です。

 

立ち居地は、書籍のタイトルや文体にも反映します。

キャラは編集者との打ち合わせからすぐに徹底してください。

 

結果的にそれで企画が通らなかったとしても、それは自分が出すべき本ではないと思えるぐらい徹底しなければなりません。

それだけに、あまり見栄を張ったり、無理をせず、素の自分をどう演出するかぐらいに考えましょう。

 

過剰な演出は、長続きしませんし、実際に会ってしまえばすぐにばれてしまい、相手にマイナスのギャップを印象付けてしまうことになるでしょう。

Ad

Ad

-売れる著者になるには
-

執筆者:

関連記事

ベストセラー作家を目指すなら、キャラを引き立てるキャッチコピーを持っておこう

キャラクターが決まったら、そのキャラクターを一文で定義してみてください。 難しいようだったら、次の項目を参考にしてみましょう。 他人からの評価 客観的に評価できる価値 相手に与えられるメリット ここで …

ベストセラー作家としてキャラクターに合った読者ターゲット選び

キャラクターは、あくまでも過去の自分が積み上げてきたコトでしか作り上げていくことはできません。 なので、ターゲットを選んでも、そこに受け入れられるキャラクターに意図してなることは至難の業です。 できた …

ベストセラー作家になるのに必要なこと

著者になりたいと思っても、なかなかどうすればいいのか分かりませんよね。 実際、普通の人でも著者になれるのかどうかというのは、気になるところ。   でも、世の中に出ている出版物の多くは、その著 …

ベストセラー作家としてのキャラを引き立たせるエピソード

著者プロフィールはデータばかりの無機質なものでは面白みがありません。   もし、出版企画書であれば、その企画書の内容に関するエピソードを一つ、二つ入れたほうがよいでしょう。 そのエピソードは …

ベストセラー作家になるためにキャラを引き立てるプロフィールの書き方

出版企画書の必須項目に著者プロフィールがあります。   著者プロフィールは、あくまでも著者のプロフィールであって、著者の履歴書ではありません。 その企画書の内容を書く著者として、ふさわしい人 …